酸洗いの目的とは?

酸洗いを施す理由とは?

酸洗いの目的には、何があるのでしょうか。
一つ目は、金属の表面を洗浄することです。酸洗いによって、溶接などによって生じた酸化被膜・焼け・切削油分・貰い錆・不純物全般の除去が可能になります。非鉄金属製品の場合は、製品としてのクオリティが求められることが多いため、上記に加え外観をよくする目的で酸洗いを施す場合も多いです。
二つ目は、加工前の下処理です。酸洗いをすることで、表面がざらつき油分も除去できるため、めっきや塗装の密着度が上がります。
そして三つ目はステンレス製品に用いられる、不動態被膜の再形成です。溶接や切断などによって破壊された不働態皮膜を再形成し、本来のさびにくい性質に戻すための処理になります。

酸洗いに向く金属と、そのメリット・デメリット

酸洗いに向く金属には鉄製品・ステンレス製品・チタン製品・アルミニウム製品・銅合金などがあります。金属の種類によって酸の配合や処理時間を変える必要があります。
酸洗いには、多くのメリットがあります。比較的安価であること、均一な状態に処理ができること、強い力がかからないため歪みが生じないこと、表面のさびなどを製品を傷つけず落とせること、などです。特に、表面の小さなバリを取るときにはこの方法が最も適しています。
しかし、同時にいくつかのデメリットも生じます。その金属に合った適切な処理ができないと製品自体が溶けてしまう、廃液には金属が含まれているため廃棄には注意を要する、有毒な亜硝酸ガスなどが発生することがある、などです。これらのことに注意すれば、酸洗いは総合的には優れた処理方法であるといえます。

金属表面処理とは、耐熱性や見た目を向上させるために金属表面に行う処理です。メッキや塗装などの方法があります。