どんな金属が酸洗いに向いているの?

そもそも酸洗いってどんなこと?

酸洗い(酸洗処理ともいいます)とは金属を洗浄処理する方法のうちのひとつで、主に焼けやさび、皮膜などの除去をするために行われるものです。酸洗いで使用される酸は硫酸や硝酸で、一般的にはこれらの溶液に金属を漬けて金属加工の下処理がなされます。この工程により、後の研磨処理で発生する手間を省くことができます。
そんな酸洗いは、その目的により、三つの異なる方法のうちのひとつとして分類されることもあります。他にエッチングと呼ばれるものもあり、これは冷間圧延によって生じた変質層というものを除去するために行われます。また酸浸漬という工程の場合は酸化した金属の表面を活性化することで皮膜を除去するものを指します。
一口に酸洗いと言っても、場合によってはそれぞれ異なる手順をとることがあるのです。

酸洗い処理に最適なものって?

酸洗いはその処理を施す製品や金属の状態によって、向いているか向いていないか、またどのような工程を取るかを判断することができます。
金属の表面を洗浄するというのが酸洗いの主要な目的なので、これからメッキ加工や塗装を施そうとしている金属に対しては特に適しているといえます。酸洗い処理を行うことにより不要な皮膜が除去され、塗料などの付着をしやすくしたり、むらを無くしたりするのに効果を発揮します。
もう一つの目的は金属の表面を錆びにくくする、というものです。熱処理や溶接などにより金属の表面の膜が壊れ錆が生じやすくなる場合がありますが、こういった問題を解決するのにも酸洗いは適しています。これは酸と金属の表面が結びつき新しい皮膜を形成することで錆びを防ぐことができるからです。